診療理念

1. 挨拶は笑顔で元気よくします。

人間関係の基本は挨拶から。
スタッフ、患者さん、関わる人がお互い笑顔で気持ちよく過ごせるように挨拶は笑顔でしっかりします。

2. 正しい診断をして、分かりやすく伝えます。

皮膚科の専門家として、新しい知識を学び続けて常に最適な診断を行うようにします。
患者さん一人ひとりに向き合い、患者さんが「自身の状況をしっかりと理解できる」ように分かりやすく説明します。

3. 患者さんの一番身近なお医者さんになります。

皮膚のことで少しでも困ったことがあったらすぐに気楽に相談してもらえるクリニックになります。

ご挨拶

院長  矢島智子(やじま ともこ)

西宮今津みどり皮ふ科のホームページをご覧頂きありがとうございます。院長の矢島智子です。
私は、患者さんが気軽に診察に来れる「患者さんの一番身近なお医者さんになりたい」と思い西宮今津みどり皮ふ科を開業しました。「気軽に診察に来れるクリニック」を作りたいと思ったキッカケは私自身の経験から来るものです。

私は、子供が生まれる前までは、大学病院や地域の基幹病院で重症の患者さんを中心に診療してきました。
そのため自分自身は、「病院にはとても慣れている」と思い込んでいました。
しかし、子供が産まれてから、自分が病院に子供を連れて行くことになると

「こんな症状で病院に行ったら笑われるかも?」
「この病院はどんな感じのところなんだろう?」
「病院の先生が怖かったらどうしよう?」など

病気の不安だけでなく受診するときに不安がたくさんあることに気付きました。
その時に、『心配なことや病気のことを気軽に安心して相談できて、来て良かったと思えるクリニックを作っていきたい』と思いました。
それが西宮今津みどり皮ふ科を作ろうと思ったキッカケでもあり、私自身の皮膚科医としての目標となりました。

皮膚科専門医として、女性として、母親として、人として、誠実に診療していきます。
赤ちゃんからご年配の方まで、皆様に愛されるクリニックにしていきたいと思います。
ぜひとも気軽に西宮今津みどり皮ふ科まで足を運んで下さい。

PAGE TOP