皮膚科

水いぼ

【症状】
体などに白いぶつぶつができます。
小さいお子さんに多いです。
本来はかゆみや痛みなどの症状はないですが、たまに皮膚の炎症を伴って赤くなって痛みやかゆみがでることがあります。

【原因】
お肌に水いぼのウイルスがついてしまい、抵抗力にまけると発症します。

【当クリニックでの治療法】
基本的な治療としては、ピンセットで水いぼを1つ1つ取っていきます。
少し痛みがあるので、事前に麻酔テープを貼ってから治療することが多いです。
(但し、麻酔テープにアレルギーがあると使用できません)
ただ、水いぼは大人はあまりならないので、成長して抵抗力がついてくると治ると言われています。
そのためあえて痛みのある治療はせずに様子をみられる場合もあります。
当院では保護者の方のお考えに合わせて、治療を希望される場合は治療をしています。

治療した方がいい場合
・どんどん増えてしまったり、大きくなってしまう場合
・肌が荒れて湿疹ができているため、肌荒れの治療が必要な場合
 (湿疹のぬり薬は水いぼによくないので、湿疹の治療ができなくなる)
・保育園や幼稚園などでプールや水遊びをしたい
 (人にうつるので、水いぼがあると参加できない園が多いです)

なるべく恐怖心や痛みが少なく治療ができるように心がけています。
好きな動画をみているとリラックスできて治療に参加してもらいやすいので、ぜひご持参ください!

PAGE TOP