皮膚科

水虫、マット菌、いんきんたむし

【症状】
赤くなってかさかさしたり、かゆみがでたり、うつって広がったり、頭にできると髪がぬけたりといった症状がでます。
柔道やレスリングなどの接触するスポーツで集団感染が起こることもあります。

【原因】
カビ(真菌)によって起こります

【当クリニックでの治療法】
足や体など表面にできたものは基本的にはカビを抑えるぬり薬で治療します。
頭にできて治りにくい場合や広範囲でぬり薬での治療が大変な場合は飲み薬を使うこともあります。
再発しないように今後の注意することなどを一緒にお伝えしています。

【注意点】
病変がひろがったり、他の人にうつったりしてしまうので、早く治療されることをお勧めします。
怪しいかな?と思ったらまずは受診してください。

水虫かも?!恥ずかしいので薬局で市販のお薬を買って治療しよう・・・はやめましょう。
水虫かもと思ってもあせもだったりと違うことも多いです。
水虫ではなかったのに水虫の薬をぬってしまいかぶれてしまってひどくなってしまう方が多いです。

またカビのお薬をぬってしまうと、カビがいるか検査ができなくなって診断ができません。
まずはきちんと診断をつけて、適切な治療をすることが大切です。

PAGE TOP